MENU

副作用はあるの?ないの?【検証しました】

ヴィーナスリムーバーは雑誌などでも取り上げられ、インターネット上でもジワジワと話題になってきている新感覚のスプレータイプの除毛剤です。

 

多くの方が行っている除毛方法と言えばカミソリや除毛クリーム、脱毛ワックスなどが思いつきますが、スプレータイプの除毛剤はまだまだ利用者は少ない方でしょう。

 

新しいタイプの除毛方法であるヴィーナスリムーバーは、副作用や安全性は大丈夫なのでしょうか?

 

脱毛ワックスのような痛みも無ければ手の届きにくい場所も除毛出来るのでとても魅力的ですがその分副作用や安全性が気になる所です。

 

ヴィーナスリムーバーで肌が綺麗になっても数日後に副作用で肌が荒れては意味がありません。そこで安全性はどうなっているのか、使用してみて副作用の心配は無いのかなどを調べてみようと思います。

 

ヴィーナスリムーバーで副作用は出る?4つの主成分を検証!

 

ヴィーナスリムーバーの主成分は『チオグリコール酸カルシウム(除毛有効成分)』『アロエエキス』『コラーゲン』『カモミラエキス』です。それぞれに副作用の心配は無いのかをまとめました。

 

@ チオグリコール酸カルシウム

副作用は特にありませんが、使用後に長時間肌に成分を乗せたままにしておくと肌荒れを引き起こす危険性があります。肌が弱い方はパッチテストを行ってから使用すると安心です。

 

A アロエエキス

食用としても利用され、古くから民間薬として愛用されてきた成分です。副作用については特に問題ないとされています。

 

B コラーゲン

保湿効果がとても高く、肌を保護する機能もあります。美容効果がとても高い成分です。副作用は過剰に使用しさえしなければ特にありませんが、コラーゲンのアレルギーのある方は使用する前に医師に相談した方が安心です。

 

C カモミラエキス

抗炎症作用や保湿効果、メラニンの合成抑止などの効果があります。副作用の心配は無いとされますが、体調などが優れない場合アレルギー反応が出たり、肌が赤くなる可能性もあります。

 

どの主要成分も、重大な副作用は無いようでした。ヴィーナスリムーバーは3つの美容成分を使用しているので。肌に優しく敏感肌の人でも使用しやすい作りになっています。

 

ヴィーナスリムーバーを安全に使用するために避けた方が良いタイミング

 

敏感肌の人でも安心して使えますが、以下の項目に当て嵌まる人は使用には注意してください。

 

@ 妊娠中・出産前後

 

妊娠中はホルモンバランスが乱れ、肌も敏感になりやすいんです。妊娠前は平気だった物が肌に合わなくなったり、肌が荒れやすくなってしまうんです。思わぬトラブルを避ける為にも使用は控えましょう。

 

そしてヴィーナスリムーバーは、除毛クリーム独特の臭いをカットしていますが微香性となっています。妊娠中は臭いにも敏感になっていますので使用は避けた方が良いでしょう。

 

A 皮膚に傷がある・肌が敏感で皮膚科へ通院中

 

皮膚に傷がある時には完治してからの使用にしましょう。肌への負担が少なくなるように作られてはいますが、傷が悪化したり、そこから肌荒れを起こす可能性もあります。

 

通院中の方もヴィーナスリムーバーを使用したい時には医師に相談すると安心してお使いいただけると思います。

 

B 生理中・生理前後

 

生理前後・生理中はホルモンバランスの乱れから肌が大変荒れやすくなっています。免疫力も下がる時期なので、この時期の除毛剤の使用は避けた方が無難でしょう。

 

いかがでしたでしょうか?ヴィーナスリムーバーに使われている成分で重大な副作用は特にありませんし、使用を注意すべき人やタイミングさえ気を付けていれば綺麗な素肌を手に入れる事が出来ます。

 

ヴィーナスリムーバーの成分の特徴をしっかりと理解して、ツルスベ肌を手に入れましょう!

 

>>ヴィーナスリムーバーの最安値はこちら